2020/02/24(月祝)「清野拓巳 & 森内清敬 デュオ」 【アラブ, Improvisation】

「清野拓巳 & 森内清敬 デュオ」
関西を拠点に日本のみならず世界で活躍するギタリスト、清野拓巳と、トルコ・アラブの太鼓、ダルブッカの森内清敬の初のデュオが実現!!
インプロビゼーション中心にして、美しい音楽を描いていきます。
お楽しみに!!


清野拓巳(g)
森内清敬(ダルブッカ)

open 18:30 / start 19:00
charge ¥2,300(予約) / ¥2,500(当日)
ギターダルブッカ.jpg

清野拓巳 Takumi Seino - guitarist, composer

 13歳でギターを手にし、15歳頃からライブハウス等での活動を始める。1993年渡米。バークリー音楽大学演奏科入学。1996年同校を最優等で卒業。在学中より自らのグループを率いて、ボストン、及びその近郊にて演奏活動を重ねる。また、さまざまなセッション、レコーディング、コンサート等にも数多く参加。1996年8月帰国。以来、自己のグループ、ソロ演奏での活動と平行して、精力的に国内外のミュージシャンとの共演を重ねている。多くのリーダーアルバムをはじめ、日本、アメリカ、ヨーロッパ等のレーベルから50枚以上のCDを発表。ジャンルという枠にとらわれないボーダレスな姿勢、独自の世界観をもつ音楽は海外からの評価も高い。


森内清敬(darbuka)

パーカッション・ダルブッカ奏者。
2009年、トルコ国立イスタンブル工科大学音楽院にて、古典音楽と民俗舞踊を学ぶ。 滞在中、世界的ダルブカ奏者ムスルル・アフメット氏の演奏に大きな衝撃を受け、弟子となる。エジプトにて、サイード・エル・アーティストとカイロのアカデミー・オブ・アートにて共演を果たす。2017年3月、師匠であるムスルル・アフメットを招聘し、ダルブッカ単独としては国内最大のライブとなり、また師匠との共演を果たした。作曲家としても映画・ドラマ・ドキュメンタリーなどの作曲を多く手がけている。トルコ・アラブ音楽からジャズ、タンゴ音楽など多様多種な音楽を研究しつつ、ハンドパーカッショニスト・作曲家として精力的な活動を行っている。

UP