2017/01/19(木)「オルランド&村上達郎」 【ショーロ】

オルランドと達郎 ショーロライブ&みんなでRoda de Choro!!


オルランド・マルチネス(vo,g)
村上達郎(7弦ギター)


open 19:00 / start 19:30
投げ銭スタイル!ライブ後ホーダ・ヂ・ショーロ設けます!

オルランド・マルチネス
パラグアイ人のクラシックギタリスト。幼い頃からラテン音楽と文化の影響を受け続け、18歳で単独でスペインに渡り、6年の音楽修行を積む。ボレロ、フォーリン、フラメンコ、ラテン民謡などの探求を日々続けながらも、現在はブラジルのサンパウロ州立音楽院のショーロ科に在籍し、ラテン音楽とブラジル音楽を融合した自身のスタイルを確立している。

村上達郎
7弦ギタリスト。高校時代のブラジルへの一年間の交換留学の経て、音楽と芸術を通じブラジル文化の虜となる。高校卒業後に単独でブラジルのクリチバに戻り、ポルトガル語の勉強を続けながら7弦ギタリスト Fabiano Silveira (O Tiziu) 氏に師事をし、ショーロとサンバの基礎を学ぶ。2016年よりサンパウロ州立音楽院のショーロ科に入学し、ブラジル音楽の修行を続ける、現在21歳の若手ギタリスト。

オルランドと達郎による演奏 Jorde do Fusa(Garoto)
https://www.youtube.com/watch?v=lYcYmbZPzdc&t=12s

現役サンパウロ州立音楽院ショーロ科の同級生、パラグアイ人のオルランドと、東京出身、現在21歳の7弦ギタリスト達郎が、ショーロとワルツを中心に選曲されたブラジリアンギターの魅力を2人の解釈で披露します。
オルランドのソロパートではボレロやタンゴを中心に、彼の祖国パラグアイの南ラテンアメリカの素晴らしいサウンドを、彼の歌と共にお届けします。

UP